review of 11 dashcams dorareco mujihi review (LaBoon Books) (Japanese Edition)



ドラレコの事なら日本一!メーカーとの利害関係の薄いLaBoon!!だからこそ出来る無慈悲な比較!

メーカー広告や御用メディア、実機をテストせずに記事を掲載するキュレーションメディアのライターには決して真似が出来ない実機テストを踏まえた相対評価を行います。

本書は画像100枚以上、比較動画を掲載した記事へのリンクあり、他媒体で有料販売している「ZDR026」「PDR800FR」「SN-TW80」の3本のレビュー記事を包括した内容となっています。

月間70万PVの鬼ブロガーでもあるドラレコ専門家が「使ってみなけりゃ分からない」前後ドライブレコーダー11機種の画質や使い勝手を実機テストの上でメーカー各社への一切の忖度なしに無慈悲に比較の上、2019年向けに4つの条件のうち最適なモデルを提案。

①事故の際の幅広い状況証拠を捉える事に優れた機種
②走行中のナンバーの認識精度に優れた機種
③駐車監視の性能・機能面が優れた機種
④操作や運用面での利便性に優れた機種

◆掲載機種
①コムテック「ZDR-015」
②コムテック「ZDR026」
③ユピテル「SN-TW80d」
④ユピテル「DRY-TW9100d」
⑤ケンウッド「DRV-MR740」
⑥セルスター「CSD-790FHG」
⑦セイワ「PDR800FR」
⑧BlackVue「DR750S-2CH」
⑨スマートレコ「WHSR-510」
⑩パパゴ「GoSafe S36GS1」
⑪AUKEY「DR02D」

◆著者プロフィール
鈴木朝臣、1972年、神奈川生まれ、慶應義塾大学法学部卒、月間70万PVの車とカー用品の研究室 LaBoon!!の運営者

車とは全く関係のないアパレルチェーンに勤務中、バイヤーや販売企画、店舗などの製品を作って売る側の立場を経験しつつ、余暇には趣味である車いじりにいそしむうちにカーエレクトロニクスメーカーの自主基準満載の広告に騙されて人柱になる事数回、業界の売り方に疑問を持つ。

後に自身が商品を購入する際に失敗しない為の分析も兼ねてカー用品の比較サイトLaBoon!!を立ち上げたが、思いの外ユーザーの反響が大きかった事から20年間勤めた会社を退職し、2015年から専業メディア運営者となる。

現在はドラレコマーケター・デバッガーも兼ねており、特に気に入った製品に関しては卸業務や企画に入る事もあるものの、製品の評価については一定の基準で公平に行う事を心掛け、特定のメーカーの意図が反映された記事作成は極力避けている。

2017~2018年に掛けては講談社「FRIDAY」のドラレコ特集にコメンテーターとして度々登場。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *